2008年06月30日

水無月

6月30日は水無月を食べる日。

京都・北野「長五郎餅」水無月を買ってきました。



この日に水無月を食べるという風習があるのは京都だけ・・・ということを、数年前に知ったばかりの私。
水無月は、私の好きな和菓子のひとつで、毎年食べるのが当たり前になっていた。
今年はSHOにも水無月のお話をしながら一緒に食べることに・・・。

京都では、一年のちょうど折り返しにあたるこの日に、
この半年の罪などを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓」(なごしのはらえ)が行われる。
この「夏越祓」に用いられるのが「水無月」だそう。

水無月の三角は、京都に今でも地名として残っている「氷室」といって、
昔は冬の氷を夏まで保存しておく地下など涼しい所のことを
いうのだが、その氷の氷片を表したもので、上の小豆には悪魔払いの意味があるんだとか・・・。

もっと奥深いいわれがあるのだそうだが、
SHOはこの話を聞いているのかいないのか、食べるのに夢中・・・あせあせ(飛び散る汗)(^^;)
意味なんてわかるわけがないけど、水無月を食べながら、
何気にそんなお話をしてみた。

子供の成長過程の中で、季節のお花をみたり、食べ物を食べたり・・・
って、何気ないことだけど、とても大切で、大きな意味をもつように思える。

これからも大切にしていきたいな。
posted by みきぷり at 22:04| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日は何の日? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私、すっかり忘れてました。。。残念。。。
昔からの風習って、きちんと子供に伝えていきたいと思っているのに〜☆
来年はしっかり水無月を食べますね♪

みきぷりちゃんの優しい心、きっとSHO君にも伝わっているよ*^^*水無月のおいしさと共にね^−^!
Posted by ひろぴこ at 2008年06月30日 22:42
へ〜!私知らなかった(*_*)
水無月好きなのに。
すごいいわれがあるんだね〜   
六月に食べるものだとばかり(^o^;  

昔からの風習や行事は、
大切にしたいね!
勉強になったよ〜☆

私のもうひとつのブログのタイトル、みてみて〜
びっくり(^^)
Posted by HANA at 2008年06月30日 22:54
黒糖の水無月がおいしかった〜♪
こういう風習とか、自分の知っている範囲だけでも、子どもに話してあげられたらなあって思います。(^^)

HANAちゃん、お仕事ブログ見たよ。
一緒のタイトルでビックリだね。
Posted by みきぷり at 2008年07月01日 14:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101892091

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。